本文へスキップ

一般社団法人 霞ヶ浦市民協会は「泳げる霞ヶ浦」の実現を目指します。

電話でのお問い合わせはTEL.029-821-0552

〒300-0043 茨城県土浦市中央2-2-16

一般社団法人 霞ヶ浦市民協会は「泳げる霞ヶ浦」の実現を目指します。

第6回世界湖沼会議・霞ヶ浦’95「霞ヶ浦宣言」の理念を継承する市民たちが、
それぞれの職種や立場を超えたパートナーシップで結びつき、
同じ「霞ヶ浦市民」として生活し行動するための市民ネットワーク「霞ヶ浦市民社会」の構築と、
「泳げる霞ヶ浦」の実現を目指す『一般社団法人 霞ヶ浦市民協会』の公式WEBサイトです。

泳げる霞ケ浦フェスティバル 霞ヶ浦検定

Eventイベント ※詳しくはサイドバーのイベントをクリック

0000 0/0 霞ヶ浦検定についてお知らせいたします
 当協会主催の「霞ヶ浦検定」は、多角的に霞ヶ浦のことを学べる機会として、皆様にご好評をいただいておりますが、諸事情によりまして2017年度の開催を見送らせていただくことになりました。受検を予定されている皆様には大変申し訳ございませんが、どうぞご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。来期の開催については、詳細が決まり次第、お知らせ申し上げます。

2018 1/13 シンポジウム「第17回世界湖沼会議に向けて〜行政・市民から いま伝えたいこと」
 1995年に当地で開催された第6回世界湖沼会議。そのテーマは『人と湖沼の調和』だった。それから23年、今秋開催の第17回会議では『人と湖沼の共生』が掲げられ、「人」と「湖沼」との関わり方が、再び問われる。  一人でも多くの「人」が「湖沼」に関心を寄せることが求められるいま、第17回世界湖沼会議に向けて、行政と市民が、それぞれの役割をどのように担っていくかを考える。 参加無料・申込不要/13:30~15:30 茨城県霞ケ浦環境科学センター多目的ホール/● 第1部 講演会 13:30~14:00「世界湖沼会議で何を議論するのか」野尻智治(茨城県生活環境部参事) 14:00~14:30「霞ヶ浦セッションで何を議論するのか」福島武彦(茨城県霞ケ浦環境科学センター長 ) 14:30~14:50「世界湖沼会議市民の会’18の活動について」市村和男(世界湖沼会議市民の会’18 会長・(一社)霞ヶ浦市民協会理事長)  ● 第2部 討論会15:00~15:30 講演内容等について意見交換

2018 3/3 シンポジウム「第17回世界湖沼会議に向けて〜里山・里川・里浜をつなぐ
 第17回世界湖沼会議に向けてのシンポジウム第2弾。詳細は追ってお知らせいたします。


スタッフ写真

-ご挨拶-


一般社団法人霞ヶ浦市民協会

理事長 市村 和男


平成25年4月1日に、当協会は一般社団法人に移行致しました。1996年の発足以来、「泳げる霞ヶ浦」の実現を目指し、様々な事業を展開し、2001年には「泳げる霞ヶ浦2020市民計画」を作成、市民の立場から幅広い活動をしてまいりました。霞ヶ浦は茨城県の宝であり、その美しい自然や豊かな水環境を次世代に引き継ぐだけでなく、県内外の人々にアピールできることが、現世代の責務であると考えております。これまで以上に霞ヶ浦に集い、霞ヶ浦で遊び、霞ヶ浦と親しみやすくするために、また豊かな生命・産物を育む恵みの水を守るためにも、水環境を少しでも早く改善したいと考えております。市民計画策定以来10年が過ぎましたが、まだまだ継続した水質改善の努力が必要です。今後も「泳げる霞ヶ浦」を目指すことに変更はありません。市民の立場から行政、研究者、企業等、様々な立場の方々と協働して、「泳げる霞ヶ浦」の実現に微力ながら貢献していきたいと思います。何卒、ご理解とご協力を賜りたくよろしくお願い致します。

***** 協賛バナー広告 *****